SimplyBook.me は GDPR に準拠しており、皆様もそうする必要があります

すべてのプロセスを詳細に調整
GDRP プロセッサー-コントローラー契約の準備
サーバーセキュリティをさらに強化
いかなる個人情報にも近づく全スタッフがクリーンな犯罪記録を提出、機密補助契約書に署名
プライバシーポリシーに詳細を追加
取引条件変更
全サプライヤーが吟味され、一部セキュリティのためだけに脱落
バックアップ処理を変更して、削除したシステムでの個人情報保管を最小化
さまざまなシステム変更も行い、当社ユーザーがさらにGDPR規制に準拠するようにしています。誰かがユーザーの器機を保有する場合に一層保護されるようにする安全性を高める変更、およびクライアントのデータとコミュニケーションに対するユーザー許可を一層クリアにする変更の両方があります。

すべての方が今すぐ4つのカスタム機能を無料で利用可能

二重認証モジュール。
システムへの強化されたログインセキュリティのために。最も起こり得るデータ漏洩の原因は、恐らく誰かが実質的に器機を保有する、または実際にシステムやデータへのアクセスを可能にすることなので、ユーザーがこれをすぐに取り入れることは非常に重要です。
履歴削除モジュール。
ユーザーがシステム内で予約したデータ主体のデータ保持期間を設定することができます。データ保持の必要がない場合には、このツールは、例えば予約完了の30日後(ユーザー設定に応じて)に自動削除するのにすばらしいツールです。ユーザーがクライアントログイン、メンバーシップ利用などを設定している場合には、このモジュールは使用しないでください。
取引条件モジュール。
データ利用計画方法を人間が読解できる言語(法的表記ではなく)で詳しく述べるユーザー自身の取引条件を設定することができます。
キャンセルポリシーモジュール。
ユーザーがキャンセルポリシーを施行する方法を詳しく述べることができます。

管理者インターフェースから現在では3グループの個人データへのアクセスがあります。

企業情報
通常、インターネット上で全員見ることが可能
システムユーザー情報
通常、インターネット上で全員が見ることが可能なので、クライアントは予約するのに選択することができます
クライアント情報
システムユーザー以外は一切見れず、インターネット上で利用できません
それぞれのこのグループには使いやすいインターフェースがあり、SimplyBook.meに保存されるあらゆるどんな情報もスクリーン上で印刷する、または構造JSON報告にエクスポートすることができます。加えて、要求に応じてシンプルなボタンを使用して、すべてのクライアント詳細を削除することができます。この記録は、パスワード再入力による簡単な認証手続き後にユーザーに限りアクセスすることができます。二重認証がある場合にはアクセスするために認証コードを尋ねられます。クライアントデータは販売ならびに予約に関する統計情報の一部であることが多いのでデータはすべて削除されませんが、完全に認識できないようにして統計のために利用できるままにすることができます。これはとても重要です。

SimplyBook.meサポートチームには直接アクセスはありません。

SimplyBook.meは、二重認証のアクティブ化の時に、あなたが早い援助が必要ながらもセキュリティ強化が必要な場合によくない場合があるユーザーシステムへのアクセスがありません。個人情報を利用して連絡することが可能なSimplyBook.meのスタッフ全員がクリーンな犯罪記録があり、NDAに署名していますが、現時点ではアクセスは禁止されています。アクセスを得る唯一の方法は、ユーザーが仮コードを与える場合で、必要に応じて設定のお手伝いをすることができます。

システムで最も慎重な扱いを要する情報のひとつは、患者詳細です。これは通常、SOAPと呼ばれるコンポネントに保管されます。SOAPコンポネントは現在ではエンコードで強化されていて安心です。例え、誰かがユーザーシステムやSimplyBook.meサーバーに割り込んでも、シークレットキーがない限り誰もこの情報にはアクセスすることはできません。このキーはUSBドライブやコンピューターフォルダーに保存することができます。SimplyBook.meサーバーには一切保管されません。ただ、必ずコンピューターがきちんと保護されているようにしてください。そうすることで、盗まれた場合に、泥棒はハードディスクに簡単にアクセスすることができません。USBドライブへの同じ適用の場合、あなただけが覚えているコードで暗号化することもできます。

すべてのメールは購読解除リンクがありますが、現在ではプロモメールにも追加されています。それで、クライアントはこのようなメッセージの購読解除をすると受信しなくなります。クライアントは一般的にお気に入りのプロバイダーからプロモーションを喜んで受け取るので、これは幸いにも問題になりませんでした。

もっとセキュリティを強化したいユーザーには、標準およびプレミアム会員登録で利用できるHIPAA機能があります。この機能では、例えばシステム使用後20分など定義した時間後にユーザーが自動システムログインを設定することができます。また、ユーザーが各ログインの際にシステムに通知を手に入れることもできます。 加えて、この機能はメールやSMSでの個人データ送信を不可能にします。個人データを見る詮索者に対して一層強化しながら、クライアント名、サービス名をこの通知から除きます。

長いパスワードの使用や、何度かパスワード入力を誤った際に電話データの自動削除を利用して、モバイルデバイス上のセキュリティを強化することもユーザーにお薦めします。これは、泥棒が二重認証アクセスコードを保有することを防ぎます。

すべてのユーザーは自動スクリーンロックを設定して、ワークスペースをブラウザすることがある人から覗き見のリスクを減らさなければなりません。こちらは、Windowsベースのコンピューターで実行される方法を説明するリンクです。

欧州の主体からの個人データを取り扱う人にGDPRがいかに影響するかについてのPaypalのすばらしい記事のリンクはこちらです。

あなたはご自身のクライアントに対するプライバシーポリシーに責任があり、あなたが決定するものなので、誰もあなたのために作成することができないことを覚えておいてください。明確で簡易的な方法にすると、クライアントがデータの取扱方法の計画方法、ならびにデータの安全性のためにあなたが講じる措置に関する説明について理解することができます。

こちらは、あなたのシステムで予約をする、またはメンバーあるいはユーザーになる前に、クライアントが同意する取引条件に含まれるプライバシーポリシーに取り組む必要がある主要ポイントの一部があるすばらしい記事です。 当社があなたの代理でいかに主体データを処理するか、どんな転送が行われるかという詳細を記載したSimplyBook.meのプライバシーポリシーへのリンクも作成すべきです。SimplyBook.meポリシーはこちらでご覧いただけます。