戦争反対今すぐ止めよう!

誰でもこれを止める手助けができます!

SimplyBook.meはEU/EFTAを拠点とした企業で、2006年からウクライナ出身の従業員が多数います。長い間一緒に働いており、ウクライナ人が賢く、勤勉で、大きな心を持った良い人たちであることは誰にとっても間違いないことです。ここ数年の間、ウクライナを何度か訪問しましたが、彼らはウクライナ人であることを誇りに思っています。ですが、ロシアに対して憎しみを抱いていたことはまったくありません。

多くの人々が同じ言語であるロシア語を話し、多くの人はそこで親戚ですが、誰もプーチンの独裁制の下でロシアに住みたくありません。経時的にプーチンの脅威と独裁制は着々と拡大してきました。軍隊間の不平等のためでもあり、国でプーチンが自分の判断を設定したためです。2014年にロシアの傀儡政府が倒されてからは特にそうです。

ウクライナでのこのいわれのない凶悪な攻撃は、ウクライナ軍と民間の人が巨大なロシア軍に対して勇敢に戦い、現在2週間続いています。

この戦争はまったく不公平です!

ウクライナ人が示す勇気と自由な国に住みたいという意志のために、ロシア軍は今でも大きな損失を被っています。ウクライナのすべての家族と人々は、戦いに巻き込まれて逃走、恐怖、寒さに深く影響され、この戦争で誰かを失っていたり、失うことになるでしょう。

この戦争はウクライナのことだけではなく、ウクライナ人の自由に対する努力です。そして、欧州全体のことかも知れません。他の同盟国と一緒に、西欧はこの紛争前と間にウクライナへのサポートを示してきました。残念ながら、すべてが手遅れでした。

実際に戦場で戦うことは問題外だったので、ロシアがウクライナに侵攻したら、同盟国はウクライナを援助して攻撃機が空域を通過できないままにしておくことを、西側同盟国は始めから告知しておくべきでした。この行動を取っていたら、戦闘を少し公平にし、ロシア人の失敗の見込みを増やしたでしょう。

1日ごとに徐々にではなく、制裁はすぐに全力を挙げて課されるべきでした。

同盟国は、この紛争が避けられないと分かった時に、武器を予め供給しました。現在、プーチンという新たなヒトラーに立ち向かう勇敢な人々にこれらの軍需品を与えるのは遅すぎる、または不可能です。

現在最も深く考えさせられる戦争は、ウクライナの人々の先にあります。自分の貯蔵庫を隠す狂人と交渉しながら、欧州連合は基本的な立場を取らなければいけません。さもなければ手遅れになってしまうでしょう。

ゼレンスキー大統領とその政府が非常に重要であるとみなしていることなので、欧州連合は、ウクライナの申請を促進して、欧州連合の一員になるようにすべきです。できるだけ早くウクライナのすべての部分を飛行禁止区域にすべきです。



ウクライナでの戦争反対!

ウクライナでの戦争反対!

ウクライナは欧州にあり、ウクライナ人は欧州人です。

狂気の独裁者からの侵攻は欧州と民主主義に対する攻撃であると考えるべきです。私たちは総出で、あらゆる局面で立ち向かう必要があります。

Ingvar Gudmundsson - SimplyBook.me創設者